2019年08月22日

なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか - 辻井啓作

 商店街のコンサルティング業務を経験した著者による、書名の意味する通りの内容「なぜ1%しかないのか」をつづった本。どうすればよくなるという教科書的な啓発ではなく、うまくいきそうでもどこに落とし穴があるか、どういう要素や存在がよくない結果に結びつくかが、事例をもとに紹介されている。



 起業に関心がある人が参考程度に読む分にはおもしろいかもしれないが、本気で商店街をどうにかしたいと思っている当事者が読むと、希望の持てる内容とは、なっていない。とくに本の最後で、よかれあしかれ商店街の組合そのものが活性化を阻む存在になりかねない危険性が指摘されていることから、へたをすれば腹を立ててしまうかもしれない。

 前半では、商店街への自治体からの補助金問題が何度か出てくる。
 経済的な発展を遂げることこそが商店街の内部(商店たち)にしても地元にしてもよいことに違いないのだが、役所は補助金を出す立場上、相手の経済状態の向上を目的とすることはできないため、あくまで建前として、地域社会の発展や地元の人びとのための場所作りというものを想定しているとしてきた。
 だが時代が下り、担当者が変わったり、字義通りに受けとめる流れができてくると、話が違ってくる。役所側としても商店街側としても、商店街の採算よりも補助金をうまく回らせるためのイベント案を出しては実行するようになり、肝心の商店街の利益がおろそかになることもある、とのこと。

 また、商店街としてはほとんど寂れているような場所に、家賃の安さを魅力として若い起業家が店を出し、それが当たったときにも、悲劇が起こる場合がある。その店の周辺が活性化して家賃が上がり、数年後には賃貸契約を更新することが(その地元を流行らせた商店にとってさえ)難しくなる事例もあるそうだ。するといったんはできかけた人の流れが止まり、衰退へと逆戻りすることもある。

 うまくいく例があるとすればだが、すべてを総合的に見る立場の人間(タウンマネージャー)を雇い、運営側や地元のニーズを考えた上での商店街構成が必要となる。ただしその場合も、いきなり鳴り物入りでこの人が仕切りますと紹介するのではなく、地元に長い人などの協力をこぎ着けてからにしないと反発も起きやすいとのこと。

 著者自身は、最近は商店街などの包括的な相談には乗っておらず、個々の商店のプランニングをしているそうである。現在その立場であるからこそ書けたのかもしれないが、すでに存在している商店街の活性化というのは、かなり難しい仕事なのだろうと、実感させられた。
posted by mikimarche at 18:40| Comment(0) | 実用(暮らし)

2019年08月04日

辞書を編む - 飯間浩明

 何年か前に三浦しをん原作の映画「舟を編む」を見た。何年もの歳月をかけて丁寧に辞書を編纂していく人びとを描いたものだった。
 本書は、三国(さんこく、三省堂国語辞典)の第七版で著者らが掲載候補と語義を吟味していく過程を読みものとしてつづったものである。上記の映画に出てきたような街頭での言葉使用例の収集(かならず撮影などして日付とともにデータを残す)や、映像作品やテレビのニュースを丹念に確認する作業が描写されている。また、映画の原作内にあった「愛」の語釈についても、編集仲間のみなさんと語り合ったことが記されている。



 他社の辞書との特徴や用例の違いを踏まえながら、わかりやすい語釈を検討していく流れは、読んでいてとても楽しい。
 たとえば、右と左について。紙の辞書が主流であった時代は「この辞書の偶数ページが表示されている側」といった定義づけも考えられたが、電子書籍が主流になれば同じ表現は使えない上、読み上げて人に聞かせている場合には読んでいる人と情報を得ようとしている人が別人であるため、そもそも「この辞書のページの」という表現が、適切ではなくなる。
 最終的には新明解(他社)などで使われていた方法を視野に入れつつ、文字の右側部分(たとえば「リ」なら長いほう)を使った説明を足すことに落ちついたようだ。

 キャバクラの欄は、思わず吹き出した。広辞苑が「キャバクラ」という言葉の掲載を見送ったのは、辞書を編纂する人びとの中にキャバクラに行った経験がある人がなかったからだという記事が、2008年にzakzak(夕刊フジの公式サイト)に載ったことがあるそうだ。著者もまた同じような話の流れを経験したが、掲載の可否を迷っていた時期にテレビ番組に誘われ、キャバクラの取材に行く機会を得たとのこと。2時間ほど滞在したというが、それまで頭で考えていたキャバクラの語義は、現地の従業員の方のお墨付きをもらったそうである。

 三国は、現在使われている言葉をわかりやすく掲載することを念頭においた辞書だそうだ。電子化された辞書製品が増えていくご時世で、手に取れる厚さの辞書にこだわらなければならない事情が緩和されていく将来であっても、むやみに語数を増やせばよいとは考えていない様子。

 三国にはアプリ版があるとのことで、いつか買ってみてもよいかなと、そんな風に感じた。
posted by mikimarche at 23:55| Comment(0) | 実用(その他)

2019年07月08日

ある男 - 平野啓一郎

 短時間で小説を読んだのは、いつ以来だっただろう。kindleでダウンロードし、気づけば2日以内に読み終えていた。まとめて読んでは場を離れ、何回かに分けて読んだので、おそらく実質的には半日での読了だったかもしれない。

 著者の小説を読むのは、おそらく初めてだ。普段の作品からこういう構成なのか今回のみかは不明だが、小説家がある男と出会ったシーンが冒頭にあり、以降はその「ある男」の話となる。小説家はその後は現れず、つづり手に徹する。



 過去を捨てた男。語られた言葉を現実のものと信じて運命をともにしていた女。そして発覚。いったいほんとうは誰だったのかを知りたくて救いを求める女に協力する、旧知の弁護士。
 たんねんに、覆っていた泥を払いのけるように事実を拾い上げていく弁護士の姿が、彼自身の生い立ちや現在の家庭とともに描かれる。

 家庭での確執、家族に犯罪者がいたなど、人生を捨ててやり直したいと思う人びとには理由がある。出自や環境を選べなかったそうした人たちの思いと、主人公自身の在日コリアンへの思い。そして弱者に広く手を差し伸べる彼と、現実的な範囲での援助にとどめるべきと考える妻とのあいだに生じる齟齬。さまざまなことを描きながら、この物語は収束へ向かう。

 わざとらしいような感動を生まない話だが、自然に頭にはいる流れだった。たまには小説も悪くないと、ひさびさに感じた。
posted by mikimarche at 15:45| Comment(0) | フィクション

2019年07月05日

もしも魔法が使えたら 戦争孤児11人の記憶 - 星野光世

 発売当初からずっと、いつか読むと心に決めてAmazonのウィッシュリストに入れておいた本。8月の終戦記念日より前に読み終えておきたいと、順番を繰り上げた。
 ある日突然に親や家族を失い、親戚らからは冷遇され−−心理的ないじめのみでなく強制労働や人身売買業者への売り渡しもあった状況で、どうにか生き延びた11人が、体験をつづる。



 長く丁寧に綴る人もあれば、ほんの短い文章もある。だがそれでもそれぞれの行間には重みがある。
 頼る人もなく、世間や行政からは見捨てられ、浮浪児の「狩り込み」と呼ばれた強制収容では、檻に入れられ水をかけられたという。別の体験者によれば東京都の人間にトラックに乗せられて、茨城県の山中に集団で捨てられたという。

 戦争の犠牲者であり、家族を失った子供たちに対し、野犬のような扱いである。しかも日本の戦後社会は、豊かになってからでさえもその人たちに詫びるどころか、存在を語り継ぐことすらしてこなかった。少なくともわたしは、浮浪児と呼ばれた子供たちの強制収容や親戚による人身売買など、最近まで知らずに過ごしてきた。

 本書は、戦後を生き延び、連れ添った夫が先立ったのちに、ふと色鉛筆を手にとって絵を描いてみた著者の思いから生まれたものである。戦後から70年近くを経て当時を思い、絵を描き、文章を添えて自費出版したものが、この講談社版につながった。

 それほど悲惨な日々を送ったのに、描く絵は透明感すら感じさせる純粋なものだ。理屈や雑念はそこになく、ただ当時に家族がいてくれたらと、それで幸せでいられたのにという素直で素朴な思いがそこにある。

 もしも魔法が使えたら−−
 ほしいものは、豪邸でも金塊でもない。現代人の多くがあたりまえに享受している、素朴なものだ。
posted by mikimarche at 23:25| Comment(0) | 実用(歴史・文化)

2019年06月25日

男が痴漢になる理由 - 斎藤章佳

 なんとも、すさまじい内容である。

 男の自分勝手な理屈(痴漢や性犯罪行為の大部分は男性が加害者であるため、語弊はあるかもしれないが「男」と書かせていただく)と、それを長きにわたって許してきた社会は、そうとうな部分まで病んでいるといわざるを得ない。



 声をあげられない被害者を自分に気があると勝手に妄想する男。短いスカートで出かける娘に大丈夫かと声をかける家族−−悪いのは襲う方であるという視点が抜け、服装で性犯罪の被害リスクが高まるという誤った通念にどっぷり浸かっていて、なかなかそこから抜け出せない。家族ですらそうなのだから、被害に遭った一般の女性らに「そんな服だから」などの、落ち度があるような発言をする人があとを絶たないのも頷けよう。

 著者は性犯罪の再犯を防ぐためのプログラムを用意したクリニック(通所やプログラム参加には強制力を持たないが、医師が関与し一部は保険適用のもの)にお勤めの精神保健福祉士である。

 政府も多少は性犯罪の再犯防止に努力をしはじめたようで、全国の刑務所のうち19ヶ所では専門の教育プログラムを設けているそうだ。だがそれは長期の収容が決定している受刑者向けであり、短期の受刑者にはそういった教育がほどこされない。
 しかも著者によれば、日本の現状としては初犯は示談などで起訴されないことがままあり、数回目の逮捕でようやく裁判になる傾向が強いという。ここで重要なのは、初犯の定義は犯罪が1回なされたかではなく「逮捕されたのが初回かどうか」である。複数回の逮捕で起訴や裁判になるというのは、そのあいだに「ばれていない犯罪が何回あるかわからない」ということを意味する。
 それならば、初回からすでに示談があった場合でも教育プログラムを必須とするように制度の変更があるべきだと、著者は指摘する。

 周囲からの強いすすめでクリニックに通所する男たちの、言い訳はさまざまである。ストレスがあったからとか、ほかにもやっている人がいるとか、ちょっと触ったくらいでなんだとか、言いたい放題だ。だが中でも目を疑ったのは、逮捕されて痴漢ができなくなったのち、あなたの人生から何が失われたかという問いに、複数が「生きがい」と答えたという場所だった。

 人を踏みにじる行為をくり返し、それを生きがいと呼ぶ神経は、ほんとうに理解できない。

 本書は加害者の家族(そんなことを夫や息子がしていたと知らずにいて世間からバッシングを受ける)の話題も含めて記載している。描かれている加害者たちの話はひどい事例が多いが、本書のものは頭にはいりやすい。
posted by mikimarche at 00:20| Comment(0) | 実用(社会・事件)