2019年06月25日

男が痴漢になる理由 - 斎藤章佳

 なんとも、すさまじい内容である。

 男の自分勝手な理屈(痴漢や性犯罪行為の大部分は男性が加害者であるため、語弊はあるかもしれないが「男」と書かせていただく)と、それを長きにわたって許してきた社会は、そうとうな部分まで病んでいるといわざるを得ない。



 声をあげられない被害者を自分に気があると勝手に妄想する男。短いスカートで出かける娘に大丈夫かと声をかける家族−−悪いのは襲う方であるという視点が抜け、服装で性犯罪の被害リスクが高まるという誤った通念にどっぷり浸かっていて、なかなかそこから抜け出せない。家族ですらそうなのだから、被害に遭った一般の女性らに「そんな服だから」などの、落ち度があるような発言をする人があとを絶たないのも頷けよう。

 著者は性犯罪の再犯を防ぐためのプログラムを用意したクリニック(通所やプログラム参加には強制力を持たないが、医師が関与し一部は保険適用のもの)にお勤めの精神保健福祉士である。

 政府も多少は性犯罪の再犯防止に努力をしはじめたようで、全国の刑務所のうち19ヶ所では専門の教育プログラムを設けているそうだ。だがそれは長期の収容が決定している受刑者向けであり、短期の受刑者にはそういった教育がほどこされない。
 しかも著者によれば、日本の現状としては初犯は示談などで起訴されないことがままあり、数回目の逮捕でようやく裁判になる傾向が強いという。ここで重要なのは、初犯の定義は犯罪が1回なされたかではなく「逮捕されたのが初回かどうか」である。複数回の逮捕で起訴や裁判になるというのは、そのあいだに「ばれていない犯罪が何回あるかわからない」ということを意味する。
 それならば、初回からすでに示談があった場合でも教育プログラムを必須とするように制度の変更があるべきだと、著者は指摘する。

 周囲からの強いすすめでクリニックに通所する男たちの、言い訳はさまざまである。ストレスがあったからとか、ほかにもやっている人がいるとか、ちょっと触ったくらいでなんだとか、言いたい放題だ。だが中でも目を疑ったのは、逮捕されて痴漢ができなくなったのち、あなたの人生から何が失われたかという問いに、複数が「生きがい」と答えたという場所だった。

 人を踏みにじる行為をくり返し、それを生きがいと呼ぶ神経は、ほんとうに理解できない。

 本書は加害者の家族(そんなことを夫や息子がしていたと知らずにいて世間からバッシングを受ける)の話題も含めて記載している。描かれている加害者たちの話はひどい事例が多いが、本書のものは頭にはいりやすい。
posted by mikimarche at 00:20| Comment(0) | 実用(社会・事件)

2019年02月07日

オカルト・クロニクル - 松閣オルタ

 ロシアで1950年代に大学生9人が不可解な死を遂げたディアトロフ峠事件というものがあるそうで、最近ネットで話題にしている人がいた。検索をしてみたところ本書の著者が運営している同名のサイト「オカルト・クロニクル」が見つかり、いくつかの事件を読んでみると文体は軽快なのにきちんと筋立てて書かれており、なかなかおもしろい。書籍版には書き下ろしの事件もはいっているということで、購入してみた。



 まず最初に読んだのは後半のほうにあったファティマの預言である。幼少時からの聞きかじりで内容を把握しているつもりだったが、なんと預言は月に1回ずつ7回にもおよび、最後の回は大勢の人々が埋め尽くす場所に何らかの光る現象が現れたそうだ。当時にiPhoneがあったらさぞかし素晴らしかっただろうと不謹慎なことを書いてしまうが、こうした多くの人が「知っているつもり」の話にも、丁寧な解説と独自見解がつづられている。

 つづいて読んだのは赤城神社の女性行方不明事件。これは書き下ろしだ。以前に行方不明から数年の段階でテレビ番組「テレビのチカラ」に取り上げられたことがあり、わたしも内容はよく覚えていた。オカルト・クロニクルというタイトルの本に収録されるような意味での事件なのかと、購入前に目次を見て考えたが、本書はいちおう事件の最後に(オカルトやUFOを含む)さまざまな見解を書くのがお約束になっているものの、全体としては不思議な事件を掘り下げて書くスタイルであり、「不思議な事件をまとめた本」というくくりである。関係者からテレビで放映されたリマスター済みのビデオを見せてもらうなど、軽い意味でのブロガーとは一線を画した取材姿勢がすばらしい。

 世間を騒がせた岐阜県の団地におけるポルターガイスト事件など、さまざまな方面からの事件を15件掲載する。いくつかサイト上で読んでみて雰囲気をたしかめてから書籍購入をするのもよいかと思う。

 川口浩探検隊、矢追純一のUFO番組、ユリ・ゲラー、新倉イワオや宜保愛子の番組に染まって成長してきた中高年には、なかなか味わい深い珠玉の一冊となっている。ついでに書くが「うしろの百太郎」は大人になってから集めなおしたほど好きだった。

 ところでわたしがこの本でギョッとしたのは、おそらく著者が予想もしていなかった部分である。著者にとってはあたりまえすぎて、何気なく書いた文章なのだろうが、福島県の便槽で男性の遺体が見つかった事件、そして東電の女性社員の殺人事件にそういう話があるとは、まったく知らなかった。気になる方は検索をしてみるとよいかもしれない。まったく予想しない場所から、自分の知らない世界がひろがっていたことに気づくのもまた、ちょっとした恐怖体験といえるだろう。
posted by mikimarche at 23:30| Comment(0) | 実用(社会・事件)

2018年02月08日

発達障害 - 岩波明 著

 以前に読んだ中野信子著「サイコパス」も文春新書だったが、本書「発達障害」などのタイトルは、店頭で見かけるとどうも通過できない。手に取るううちに、そのまますっとレジに向かってしまう。もしや、わたしも本書内で言われるような「自分も発達障害かもしれない症候群」(自分の「空気の読めない」ところに病名などの原因を求めたがる人々)のひとりなのかもしれないと、苦笑してしまう。
 著者は医学博士であり、専門は精神医学である。いわゆる学者(教える立場)という立場からのみならず、臨床研究の現場に根ざした観察眼で、一般人にもわかりやすい言葉を使って発達障害を語っているのが本書だ。



 まずは章を分けてASD(自閉症スペクトラム障害)、ADHD(注意欠如多動性障害)、両者の共通点と相違点を説き、さらに映像記憶、共感覚、学習障害や、いわゆる「天才」の解説へとつづく。後半から終盤に近づくにつれ、社会を騒がせた近年の未成年犯罪とそれを語る際に安易に用いられた「アスペルガー症候群」という言葉、さらに発達障害と犯罪の事例、発達障害を社会受け入れていくため現状で実践されているケア紹介、発達障害とどう向き合っていくかの今後の方向性をつづっていく。

 とても読みやすい構成だ。急いで読むと、ところどころ障害の名前(略語)などで頭が混乱しそうになるが、かたい話のあいまには近代のよく知られた有名人の生い立ちや人物像(現在もし生きていたら障害に分類されていたのでは)といった、やや軽い文章がつづられ、メリハリが利いている。

 P.116からの「シネステジア」(共感覚)の章を、とても面白く読んだ。外部からの刺激に対して通常の感覚だけでなく、異なる種類の感覚も同時に生じる現象」という定義がなされているそうだが、本書によれば「文字に色を感じる」、「音に色を感じる」、「形に味を感じる」といった、子供のころに多少は経験した人もいるのではないかと思われるような現象だ。少なくともわたしは理解ができる。
 子供時代ならともかく、大人になってからこれを語ってはおかしい人と思われてはいけないからと、口に出さずにいる人もいるのかもしれないと、そんなことに思いをはせた。
posted by mikimarche at 22:00| Comment(0) | 実用(社会・事件)

2017年05月11日

子供の死を祈る親たち - 押川剛

 以前から、社会的弱者や、知能の低い(あるいは精神的な病)の人が適切なケアを受けられないまま犯罪に手を染め、あるいは刑務所を一生の居場所とするかのように犯罪を繰り返す話など、社会福祉に関連する深すぎる闇について、いくつかの本を読んできた。そして自分の身近で見聞きしてきた知人家庭の話なども重ね合わせ、いったい自分に何ができるのかと、考えてきた。

 手もとの控えによると読んだのは5年以上前のようだが−−(注: ブログに掲載したのは読んだ日ではなく再掲日)精神病院を捨てたイタリア 捨てない日本 / 著者: 大熊 一夫という本にめぐり逢い、あまりにも精神病院に頼りすぎるのはよくない、拘禁が長引けば人はより悪化してしまう場合もあるという意見にそのときは傾いたが、今日こうして本書「子供の死を祈る親たち」に出会って、何が何でも早期退院というのはよくない、周囲や社会の受け入れ体制が整ったかどうかで大きく状況は異なると、意見を新たにした。まして現在の「早期退院」は医療費の削減といった経済の面から大きく提言されている方針であるのは、言うまでもない事実であり、社会の現状に即していないのだから、不安も大きい。



 さて、本書では、まず全体の6割程度を割いて、衝撃的な事例を紹介する。たとえば家に閉じこもり、最初はわがままを言って家族を困らせる程度であった者(多くは息子や娘)が、精神的に家族の支配をはじめ、疲れ切って逆らえなくなってきたころに肉体的暴力や経済的な仕打ち(通帳や財産を取り上げたり、実質的に家から閉め出して自分だけのゴミ屋敷にしてしまう)で身動きをとれなくする。家族は感覚が麻痺してしまい、いまさら人に助けてもらえるという発想がなく、カネをかき集めてでも言うなりになってしまうことが多い。最後には本人または家族が刑事事件を起こして事態が明るみに出るか、あるいは家族が意を決して著者のような会社に相談をすることで、病院等の適切な施設へ本人を送り届けることになる。
 ゴミ屋敷に糞尿を垂れ流す者。自分の家族が管理するマンションで片っ端から住人に嫌がらせ(本人は病気のため住人が怪しいと思ってしまい監視)をする者。せっかく入院をさせても病気の認識がないため出てきて家族をさらに困らせる者。目を背けたくなるような事例がつづくが、多くの場合、共通するのは「家族の問題だから」と我慢をする、もしくは隠そうとする人が、家のなかに最低でもひとりいることではないだろうかと、わたしは考える。
 そうした人物は「自分が判断や決断をしなくて済むのならば何でもする」くらい都合のいい考え方をする。問題を長引かせたり放置するためならばカネを出す(生活費や、要求される金額にも応じる)が、実質的な面倒は誰かに押しつけ、たまらなくなった人間が著者のような会社に相談しても「その会社は、カネがかかるのか」と文句を言う。同じカネをかけるにも、ごまかすほうにならばカネを出すのに、だ。

 事例ののち、現在の社会における仕組みの変化(できるだけ長期入院はさせない)や、とりあえず事件化して警察の介入があってからならば動きやすいとする傾向について、語られていく。やはり、わたしが冒頭で書いたような、イタリアの事例と日本を比較したようなものが一概には「よし」とされるべきでないことにも、読む側は気づかされていく。

 理想論では、人は動けない。動くべきではない。閉じ込めてしまってそれで終わりというのも、人とふれあって少しずつ社会に溶けこんでもらおうというのも、どちらもそれなりの長所短所があるだろう。だが医療費削減に大きな重点が置かれたのであろう現在の方針(できるだけ3か月以内に退院)に、無理があることは事実だ。なんとか多方面からの意見のすりあわせや、ほんとうの「悪化防止、再発防止」のために何がよいのかといった追究は、誰(またはどの機関)が中心になって行われていくものなのかわからないが、ぜひとも、早急になされるべきと期待したい。

 最後に、これが自分には縁がない話と思われる方へ。
 どこにでも、誰にでも、これは起こりうる話だと、ご理解いただきたい。他人事ではない。
 わたしはごく普通の家庭の事例で、本書に掲載の内容と紙一重もしくは一歩手前のようなものを複数知っている。端から見ていると「突き放せば」と簡単に言えるほどひどい事例なのだが、あるときは「みんなに見放されているのだから自分だけでも話を聞いてあげねば」と言い出したり、カネを出すべきでないところで出してしまったり。そうした人に「これこれの件で、役所に相談をしてみれば」と教えてあげても、多大な努力を払ってまで「なぜそうしないか」とわたしに告げようとする。役所に聞いてみるのが10分で終わる内容を、なぜそうしないかをわたしに電話で1時間語っても、わたしの時間は迷惑でないと思っているとわかる出来事が複数回あった。アホらしいのであるとき「こちらの意見はすべて無視して自分の言いたいことだけを言いつづけるような人に、割ける時間はありません」と厳しくすると、少し反省したらしかった。その後については、あまり知らない。聞きたくもない。

 人との関係は、べたべたしすぎても、冷たすぎてもいけない。その境界線があやふやになった人は、少し冷静になる時間が必要である。
posted by mikimarche at 17:05| Comment(0) | 実用(社会・事件)

2013年07月17日

累犯障害者 - 山本譲司

 あれから数ヶ月。内容がつらくて重く、だが目を背けるべきではないとの思いもあり、長い中断をはさみつつ同著者の「獄窓記」を読み終えたのは今年にはいってからだった。

 そして本作は、書名からして、獄窓記でもっともつらかった部分が凝縮されているらしく感じられ、本来ならば読まずに済ませたかったが、やはり手にとってしまった。



 つらい部分とは、著者が刑務所にはいった体験ではもちろんない。そこで見たものだ。早期に福祉の手が届いていたらそもそも犯罪性は認められず刑罰の必要もなかった、したがって刑務所内で重症化することもなかった人々(知的障害、精神的な病を持つ)が、刑務所以外に居場所がないなどの理由で出所後まもなくに犯罪を重ねる。社会に溶けこめず、中にいることだけを考えるというものだ。彼らの多くには、縁故者や引受人がいないため仮釈放を認められることもなく、ひとつひとつは微罪であっても、満期まで勤めあげたのちまた刑法犯となる。それらが積み重なって、人生のうちほとんどを刑務所で暮らす人もいる。下関駅放火事件の犯人は軽度の知的障害で、74年(犯行時)の人生のうち約50年を刑務所内で過ごしていた。

 本書でとりあげる(知的/身体)障害者のからむ事件は、上記の下関を除外しても7件以上。レッサーパンダ帽の男(浅草の女子大生刺殺)、障害者ビジネス(宇都宮の誤認逮捕事件)ほか、不当な養子縁組や結婚で戸籍を利用される障害者たち、性的虐待の被害者に刻まれた深刻な情緒障害の事例、被害者・加害者ともにろうあ者の殺人事件、ろうあ者だけを狙ったろうあ者の暴力団などが描かれている。

 早めに福祉の手が届いていれば、ケアしてくれる人がいれば、彼らは犯罪の加害者にも被害者にもならずに済むのが実際のところだ。だが実際には、知的障害の申請をして認定を受ければ補助金が得られることも気づかず、その日その日を生きてしまう。悪い人間と出会えば言いなりになって、犯罪を疑われても自己弁護できず、やってもいない犯罪を認めてしまうことすらある。そして刑務所にはいり、居心地がよいと考える場合さえも。

 歯がゆい。読んでいてつらい。だが、ここで詳細を語る覚悟はないが、わたしは自分が「どこまで関われる人間なのか」に疑問を持っている。自分が見て見ぬふりをする側に立つ人間ではないか、誰かを哀れと思って街の募金箱に小銭を入れることはあるかもしれないが、実際の手は貸さない、足を使わず汗もかかない人間なのだろう、と思っている。その人たちを誰かに救ってもらいたいとだけ考えるのは、かえって恥ずかしいことなのでは、と…

 いつも、ここまで考えて、答えが出ない。本を読むだけでもいいのでは、それで何かを考えればいいのではと思っても、それでも、考えがまとまらない。

 最後に、この点をどうしても書いておきたい。わたしがまったく知らずにいた事実だ。

 P.198 以降で語られる手話のことだが、健常者が手話の本などで勉強する手話は、中途失聴者にならば通じることもあるが、それらは日本語をベースにしているのだという。いっぽう先天性の人々は、手だけでなく顔や上半身を中心とした動きの微妙なバランスで、コミュニケーションをとっているのだそうだ。前者は日本語の文字やスペリングを指で表現するような「文字をベースの」手話を混ぜて使うが、これがネイティブには通じにくく、本人たち同士ではまったく使わないという。

 さらに、P.243以降で語られることだが、日本の聾学校では手話を認めていないそうだ。口語と読唇術を強いている。本人たちには聞こえていないのに、それは発音がいい悪い、さあもう一回どうぞと、何度でも発音させるものらしい。そんなことに教育の多くの時間を割いた、本人たちに実りを感じさせない授業は、苦痛以外の何物でもないだろう。おそらく教える側に「少しでも健常者と音声による意思疎通ができたら、世の中に出て有利になる」という思いが強いのだろう。

 そんなことに多くの時間を割くのではなく、学内でのコミュニケーション手段を安定させた上で、もっと違う「学習」をしたらいいのではないだろうか。知的向上心は誰にでもあるはずだ。健常者と同じ社会で暮らすことだけが最終目標ではないはず。

 さまざまな、つらく大きな現実を前に、人はどうすべきなのか。わたしは今日も、麻痺してしまう。
posted by mikimarche at 16:25| Comment(0) | 実用(社会・事件)