2018年08月26日

HTML&CSSとWebデザインが1冊できちんと身につく本 - 服部雄樹

 このブログが7月まで掲載されていたドメイン(mikimarche.com)では、最近リニューアルをおこない、小規模のお菓子屋さんがウェブで情報提供をしたい場合に役立つ情報を掲載している。そういうサイトを開始した以上は、自分でもHTMLやCSSについて学び直したいと思い、本書を購入してみた。今回はKindle版(電子書籍)での購入だったため、作業があっという間に進み、約10日で内容をすべて実践してみることができた。
(ちなみにKindle版と活字版は同価格であるので、購入はお好みで、どちらでも)



 HTMLとは何か、CSSとはといった言葉がよくわからないレベルの人であっても、丁寧に解説してくれている。また、わたしのように大昔に古いバージョンのHTMLならば学んだが最近のHTML5は知識があやふやといった人間にも、頭の整理ができるようになっている。正直なところ、思ったほどHTML5は難しくないし、CSS3と組み合わせることでデザインの可能性がかなり広がることが体感できた。かつてならば画像を多用して対応したような画面の効果が、HTMLとCSSだけで実現できることも多い。
 たとえば20年前ならば、カーソルが置かれた場所のリンクボタンの色を変えるといった場合、画像を2種類用意することが多かったように思う。だが現在ではカーソルが置かれたとき画像の透明度を変更して色が変わったように見せることもできるし、画像ではなく文字と背景色だけなのに見やすいイフェクトをかけることも簡単である。

 本書では、まずサンプルとして短いHTMLを作成し、それを改編しながら別名保存しては、各種のページづくりが体験できるようになっている。結果として作成されるHTMLは6ファイル、それらのデザインを担当するCSSは1ファイルできあがる。写真撮影の専門家が仕事のウェブサイトを持ったらという設定なので、練習しながら作っていくページの仕上がりも、視角的に美しい。

 HTMLコードのすべてを手で打たなくても、Kindle版なら多少は画面コピペという技が使えるのだが(余分なスペースやKindle版からコピーしたという情報が含まれるのでそれらを除去する手間はかかる)、もし活字版を購入した場合であっても、心配は要らない。最初に関連ファイルをダウンロードさせてくれるので、わからないときはそれを見ながらスペルミスなどを見つける作業も容易だ。

 余談だが、綿密に1行も飛ばさず入力している自信がある人であっても、途中でふり返ってはいけない。実は6章のあたりで、それ以前に作ってきれいに仕上がったページのデザインが大きく崩れる。気づかなければよかったのだが、たまたま終わったページを見てしまい、わたしはそこであわててしまった。何が悪かったのかと時間をかけて調べてしまったが、そのこと(いったん崩れる状態)自体が、正常だったらしい。しばらく読むと著者が「さて、以前に作成したページのデザインが崩れてしまっているので、ここで直しましょう」と…あれは心臓に悪かった。

 かなり丁寧な本である。おすすめ。
posted by mikimarche at 22:55| Comment(0) | 実用(その他)

2014年05月20日

世界の美しさをひとつでも多く見つけたい - 石井光太

 どうしてこの本を読もうと思ったのか、つい数週間前のことなのに思い出せない。何冊か注文しようと思っていて、ついでなので新書サイズのものを何かと考えたとき、あれれポプラ新書ってなんだっけ、あまり知らないぞと、出版社名で興味を感じた。創刊から間もないものらしかった。それで何となく、注文した。

 そのとき書籍名から受けた印象は、実際の内容とはまったく逆で、現実離れした「きれいなもの」を追う本かもしれないというものだった。だが、そう危惧しつつもけっきょくは注文したのだから、やはり何らかの予感があったのかもしれない。



 著者はこの十年ほどでとくに活躍されているドキュメンタリー作家であるらしい。ご自分の幼少期から感じていた世の中への思い、たとえば育った土地が成城であったためお坊ちゃんと見なされてきたことなど身をもって感じた社会の格差や、周囲の邸宅や同級生の家庭で実際にあったバブル終焉のすさまじい破壊力などを綴りながら、なぜ自分は二十代のうちに作家としてデビューすることを考え、それをなんとしても実行に移そうと奮闘していたかを語っていく。

 アジアへの旅。そこで見た難民キャンプの光景。著者はそこで、のちのちまで頭から離れない体験をする。その後も資金を確保しつつ何度もアジアを中心に滞在するも、ときには心身ともに疲弊して、ぼろぼろになりながら、また新たな題材を見つけて取材を重ねる。その体験の過酷さは、読む側にときとして「なぜそこまで」という思いをいだかせるに違いない。

 一概に誰が善悪であると決められないほど深い社会の闇、被害者が加害者になっていく構図が、どこの国にも出てくる。マフィアにさらわれ赤子のうちは物乞いの小道具として使われ、そののち本人に物乞いさせるため故意に体を傷つけられる子供たちが、長じてからは自分が赤ん坊をさらい、加害者になることもある。また、襲撃した村の少年に家族を殺させ少年兵へと育てた人間が、実は本人も幼少時の被害者であることもある。善悪では片付けられない問題に、人は無関心でいることもできるかもしれない、知って無気力になってしまうかもしれない、だが著者のように、それを綴って人に知らせることを使命と考える人もいる。

 書籍名でもある「世界の美しさ」、人が見つけようとする光とは何か。それは純粋ではあるかもしれないが、とても重い含みのあるものだ。

 海外の取材がひと区切りついて日本国内の題材に目を向けつつあった著者は、東日本大震災を体験する。そして宮城を中心に被災地入りし、遺体安置所を取材した。丁寧に人に接するからこそ描けるものがある。関係者や遺族からメールが来た描写が胸を打つ。真剣に向き合って、人間関係を築きながらの取材だからこそ、たがいの真摯な思いが新たな出会いを生むのだろう。

 本書は著者のこれまでの活動や著作にまったく触れてこなかった人間にもわかりやすく、簡潔ながらも行間からにじみ出てくるものが、確実に胸を打つ。ほかの作品も、ぜひ読んでみたいと考えた。わたしは何もできないただの個人だ。社会的な影響力もなければ実行力もない。だが綴って人に知らせることを使命と思う作家がいるなら、読んで何かを感じることこそ、ただの個人ができる最大の貢献だろうと、考えてみることにする。
posted by mikimarche at 01:05| Comment(0) | 実用(その他)

2013年07月27日

ローマ法王に米を食べさせた男 - 高野誠鮮

 読み終えて、まさに「やられた」のひと言。半分は、もちろん業績に関して。残りは、この本の構成。

 読後に検索したところ、著者はテレビなどで話題になることも多く有名な人らしいが、わたしはただタイトルと副題にあった「ローマ法王に米」と「過疎の村を救った」だけで買ってしまったので、予備知識はまったくなかった。



 読みはじめは印象がいまひとつで、20ページあたりでやめてしまい、数ヶ月のあいだ積んでおいた。こう書いては著者にも織田裕二さんにも失礼かもしれないが「やたら突っ走る青島(踊る大捜査線)風の公務員を本人が描写すると、この明るさがひたすら読みづらい」と、思ってしまったのだ。もう少しはっきり書くと、文体にチャラさと紙一重のもの(調子づいているというのか、浮ついているというのか、自慢の気配)を感じとった。

 だが限界集落や農業の話はどうしても興味があるので、ふたたび読みはじめた。印象がぬぐえたわけではないが、行動力とマスコミの使い方に目を見はるものがあり、残りは二日ですべて読めてしまった。

 マスメディアに注意を向けさせ、きっかけの火だけ点けたらあとは現実をそこに近づける(中身を充実させていく)という方法で、農業を中心に著者は力を入れてきた。過疎の進む集落に若い人々を泊まらせたり、米に付加価値をつけたり、新たな商品を売り出したりと、まるでフィクションのように話が流れる。

 役所という古い体質の職場での軋轢はもちろんあったが、頼れる上司の言葉に甘えてそれらをはねのけ、稟議書は書かない、判断や許可は求めない、信じた道を突きすすむ。失敗も多くあったのだろうが、明るく楽天的な性格であるらしく、軽くさらりと書いて終わるか、新しい視点からそれをプラスに転じたことが記される。

 ローマ法王に手紙を書いて、町名の「神子原(みこはら)」は神の子と書くのでお米をいかがですかと、普通の人はなかなか考えつかないし、ましてや実行などしない。書くところまでは紙と郵便代だけなので、書かないよりはまし。書かなければ0のままだが、書けば1になるかもしれない−−そういう姿勢を、著者は貫く。言うのは簡単だがやる人は少ないような、あらゆる場面で、手紙を書いては結果を待った。

 農業や過疎の問題だけではない。P.129以降では、人工衛星を使った米の品質データにも目を向けた。それまで日本でそのデータを入手しようとすると数百万円単位かかっていたものを、格安の方法を見つけただけでなく、関係先に営業するから神子原のデータは無料で撮影してサンプルとさせてくれと、特別にゼロ円で入手。さらには地方自治体などの窓口となり、取り次ぎ役としての行政ビジネスまではじめた。

 たしかに、スーパー公務員かな、とは思う。

(あとがきによれば、著者にとってスーパー公務員は白洲次郎のみとのこと。よって書籍タイトルや売り出し方は編集担当者の判断なのだろう)

 だが、読んでも読んでも、やはり冒頭で感じた「青島」な雰囲気が消えない。なぜこの人はこんなに明るいのか、なぜ自身たっぷりに突っ走れるのか…青島はテレビのキャラだが、これは実在の人物だ。だがやっと、P.166以降まで待たされて、理由がわかってきた。わたしのほうにまったく予備知識を持たない読者には、効果的な構成だ。

 マスコミの操縦ノウハウは、著者の前職に関係があった。つまり青島くんと同じで、最初から公務員ではなかったということだ。

 そして保守的で失敗をおそれる人が多い地元との関係。毎日のように熱血公務員が「農産品はJAに頼らず、自分たちで売りましょう」と詰め寄ってきても、とりあえず聞くくらいは聞く姿勢を彼らが示しつづけたのは、著者の家業に少なからず関係があったように思う。著者の家は、何百年もつづく、ある職業についていた。そして本人もその資格を持っている。まったくのよそ者が理屈を振りかざして演説をしているのではなく、お互いに、話をしていればいつかどこかで落ち着くという思いが、あったように想像できる。腹が立っても、著者に出ていけとまで一喝できない(乱暴なふるまいは多少あったようだが団体としての拒絶ではなく個人的な行動)、そんなぎりぎりのところで彼らが踏みとどまれた理由のひとつと、考えてもいいのではないだろうか。

 本書において、羽咋市の米など農産物に関し、とんとん拍子に話が進むのは2000年代を描いた部分である。そして上記のP.166あたりから、話がいったんUFOになり、著者の前職と家業が出てくるのだが、それらの内容は80年代から90年代にかけてのこと。時間がもどって少し混乱するが、この構成はうまい。最初から時系列だったら、まとまらない本になっていたはずだし、タイトルも異なっていたことだろう。

 著者の手腕と自信に関しては「UFOの実績あっての神子原米」、といったところか。

 神子原米は食べたことがないし、何回も何回も羽咋市の読み方を確認する有様だが、こんな事例のある場所として、いつか石川県に出かけてみたくなった。
posted by mikimarche at 21:05| Comment(0) | 実用(その他)

2013年03月05日

ペコロスの母に会いに行く - 岡野雄一

 ふとしたことから読んでみた漫画。ところどころに文章もつづられているので、完全な漫画本ではない。すでに自費出版で世に出ていた二作品から、抜粋と再編集をしたものだという。



 テーマは重いはずなのに(認知症老母)、人物像は可愛らしい。吹き出すところもあれば、認知症高齢者を身近にしている立場として、素直に笑えない部分もある。それは、結果として可愛く見えても、作者がこの描き方をする気持ちにたどり着くまではそんなはずがなかっただろうと、裏側に目がいってしまうためだ。

 認知症にありがちなこととして、会話に死んだ人の話は出てくる(生きている人として)、目の前の子供を中年の親戚と思っている(なぜなら自分の子供は幼いはず)、ないものが見えている(針のないはずの手で何かの布を縫っている)などは、日常的に見られる光景。他人の話ならげらげら笑えるのだが、目の前にいると気持ちがげんなりすることも。

 わたしも認知症の記録としてブログを書いているし、自分の親にもときどき報告するのだが、親はわたしの話を聞いて「たいへんだね」と言うこともあれば「悪いけど笑っちゃうね」と正直に言う。

 世の中には、笑ってもらう方法でしか、伝わりにくいことがある。笑ってもらえるだけでもいいやと、卑屈になっているわけではないが、黙って我慢するより、大きな声で表現をして、人に笑ってもらって、広く世間に知ってもらうほうが、建設的かもしれないと考えることがある。

 この作者さんもまた、卑屈になっていたわけではなく、ただ、表現したかっただけだろう。そして、クチコミなどで人に知られてきて、こうしてわたしが本を手にすることになったきっかけは、多くの人が「ほのぼのする、可愛い」と感じたことによるはずだ。

 実際、この本を知るきっかけになったのは、家族が詩人の伊藤比呂美さんが紹介していたのを見たからだというが、伊藤さんは本書の後書きのなかで、第一印象として「老い果てた老女のかわいらしさ。生きることの切なさ。」に惹きつけられたと書かれている。

 可愛いはずなんかない。何をしでかすかわからない。混乱してライターやガスコンロの火に触ったらどうしよう、1時間だって留守になんかできない…そんな気持ちを味わったことがある人なら、体験を大きく表現していこうという気持ちに切り替わるまでに長い時間が必要ということが、実感できると思う。

 薬とケアが効いて本人が落ち着く、そして介護する側が慣れてくることで、その状態から醜悪さが薄れ、やがて、何かが別の形で表面化してくる。そのひとつが「可愛さ」であり、それは人にとってもっとも「とっつきやすい」面でもある。

 すべての読者がそこまで考える必要があるとは思えないが、見た目ほどには軽い本ではない。ずっしりと重い。

 最後に。
 作品名にあるペコロスとは、小タマネギ。著者の頭頂部がツルツルで、作中で老母がその頭部をよくハゲと呼び、ペシッとたたく。それを象徴したタイトル。
posted by mikimarche at 16:05| Comment(0) | 実用(その他)

2012年06月05日

新聞記者で死にたい - オウム事件と闘病の日々 - 牧 太郎

 40代後半の仕事人間が、不摂生と過労で脳出血…。残念ながら、起こりうる話。そしてたいていの場合は重い後遺症を引きずるか、運が悪ければお亡くなりになる。



 著者の場合は、不幸中の幸いであることに、パーティでスピーチを終えた直後に倒れた。しかも目の前には判断力のある業界人がたくさんおり、うちひとりの男性が自分の企業の関係した病院(専売病院、つまり昔のタバコ公社)に、すぐさま入院の段取りをつけてくれた。

 言葉を思うように操れない、発語がうまくいかない、目の前にしているものの単語名がすぐ出てこないなどの言語障害、右半身の重い麻痺、そして倒れる直前に週刊誌で特集を組んだオウム真理教からの嫌がらせは、まだ尾を引いていた。動けない体で、麻痺した状態で拉致されたらどうしようという思いはあったが、言語が操れず、その恐怖を人に伝えることもできなかった。

 9ヶ月ののち、かろうじてゆっくりと杖で歩行することができる状態で著者は自宅へもどる。職場にもリハビリを兼ねて出社(ただし仕事があったわけではない)。

 かつての知己が同じく病に倒れては社会復帰した例などを見聞きしながら、著者も気力を奮い立たせて、社会へ、ジャーナリズムへと復帰を目指す。

 病を経験したとくに同年代の人、オウム真理教の事件のことをよく覚えている人なら、文句なしに楽しめると思う。

 現在は、青年期に初めて知った自分の実の父が起こしていた小さな新聞の名を借りて、ブログでの情報発信をおこなっている。
posted by mikimarche at 18:50| Comment(0) | 実用(その他)