2020年04月26日

恐怖箱 怪医 - 雨宮淳司

医療に関係のある怪異を集めた本。不思議な話、幽霊話など、分類が難しいものが詰められている。
 


 

 聞き取ったものを採録しているという形式のため、怪談らしくオチをつけて物語にしているものはあまり多くなく、そこがなんとなく楽しい。

 あいた時間にちょっと怪奇話を楽しみたいという人には、とてもよいかと思う。

 個人的には、九州の精神病院を舞台にした話「ぞろびく」が好みだ。あとはもう、読んでくださいとしか言えない。
【趣味(その他)の最新記事】
posted by mikimarche at 21:10| Comment(0) | 趣味(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]