2018年08月26日

HTML&CSSとWebデザインが1冊できちんと身につく本 - 服部雄樹

 このブログが7月まで掲載されていたドメイン(mikimarche.com)では、最近リニューアルをおこない、小規模のお菓子屋さんがウェブで情報提供をしたい場合に役立つ情報を掲載している。そういうサイトを開始した以上は、自分でもHTMLやCSSについて学び直したいと思い、本書を購入してみた。今回はKindle版(電子書籍)での購入だったため、作業があっという間に進み、約10日で内容をすべて実践してみることができた。
(ちなみにKindle版と活字版は同価格であるので、購入はお好みで、どちらでも)



 HTMLとは何か、CSSとはといった言葉がよくわからないレベルの人であっても、丁寧に解説してくれている。また、わたしのように大昔に古いバージョンのHTMLならば学んだが最近のHTML5は知識があやふやといった人間にも、頭の整理ができるようになっている。正直なところ、思ったほどHTML5は難しくないし、CSS3と組み合わせることでデザインの可能性がかなり広がることが体感できた。かつてならば画像を多用して対応したような画面の効果が、HTMLとCSSだけで実現できることも多い。
 たとえば20年前ならば、カーソルが置かれた場所のリンクボタンの色を変えるといった場合、画像を2種類用意することが多かったように思う。だが現在ではカーソルが置かれたとき画像の透明度を変更して色が変わったように見せることもできるし、画像ではなく文字と背景色だけなのに見やすいイフェクトをかけることも簡単である。

 本書では、まずサンプルとして短いHTMLを作成し、それを改編しながら別名保存しては、各種のページづくりが体験できるようになっている。結果として作成されるHTMLは6ファイル、それらのデザインを担当するCSSは1ファイルできあがる。写真撮影の専門家が仕事のウェブサイトを持ったらという設定なので、練習しながら作っていくページの仕上がりも、視角的に美しい。

 HTMLコードのすべてを手で打たなくても、Kindle版なら多少は画面コピペという技が使えるのだが(余分なスペースやKindle版からコピーしたという情報が含まれるのでそれらを除去する手間はかかる)、もし活字版を購入した場合であっても、心配は要らない。最初に関連ファイルをダウンロードさせてくれるので、わからないときはそれを見ながらスペルミスなどを見つける作業も容易だ。

 余談だが、綿密に1行も飛ばさず入力している自信がある人であっても、途中でふり返ってはいけない。実は6章のあたりで、それ以前に作ってきれいに仕上がったページのデザインが大きく崩れる。気づかなければよかったのだが、たまたま終わったページを見てしまい、わたしはそこであわててしまった。何が悪かったのかと時間をかけて調べてしまったが、そのこと(いったん崩れる状態)自体が、正常だったらしい。しばらく読むと著者が「さて、以前に作成したページのデザインが崩れてしまっているので、ここで直しましょう」と…あれは心臓に悪かった。

 かなり丁寧な本である。おすすめ。
posted by mikimarche at 22:55| Comment(0) | 実用(その他)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]