2018年06月21日

私の夢まで、会いに来てくれた - 金菱清(ゼミナール)編

 出版直前から、ずっと気になっていた本だった。構成を担当された角田奈穗子氏とはかねてより多少のご縁があり、Facebook等で本書の出版について何度も案内を拝見していたが、なかなか書店で現物に巡り会うことがないままに日々が過ぎてしまった。震災関係の書籍をまとめて書店取り寄せの決意をするまで3か月以上かかったが、偶然にまかせず取り寄せしてでも、読んでよかったと思う。



 本書は、前回このブログで掲載した「霊性の震災学」と同様に、東北学院大学で金菱清氏が率いる「震災の記録プロジェクト」として、2017年前半に学生らが被災者の方々にお話を伺った「夢」の記録を紹介し、まとめたものである。金菱氏は存じ上げないが、学生らにこの難しいテーマ(話の切り出し方を間違えたら学生が先方から怒られてしまいかねない「夢」の話)を与えて送り出し、そしてこれだけのものを引き出してこさせることから考えて、おそらく学生らとの信頼関係が、かなり強く確立されているのだろう。ひとつ間違えれば無謀な策であり、鬼教官と呼ばれかねない。

 先にあとがきについて書いてしまうが、金菱氏は阪神淡路大震災を大学入学直前に経験し、そして教員としては東北学院大学で東日本大震災を経験しているそうだ。大手のメディアに出にくい、現地の方々の体験や思いについて、感性の大きなアンテナをお持ちなのだろう。

 本書から、あふれるように飛び出してくる夢の話を、ここでひとつひとつのご紹介はしない。あのときああしていれば違ったかもしれない、自分があのとき引きとめていたら。もし、あのとき−−そんな話者の叫びが、できるだけ簡素を心がけたのであろう、おさえられた文章の行間から、ともすれば紙を突き破って出てきそうな勢いで聞こえてくる。文字になった言葉の裏に、間違いなく何倍もの思いがある。

 聞き手と話者の相性もあるかもしれないが、全員が語りたくてたまらなかった人ばかりではなく、調査に来た学生さんに丁寧に接してくれたという印象をもった話もあった。逆に、この人(話者)の話をこんなにきれいに、短くまとめてしまっていいのか、この人は本一冊になるくらいにすごい思いをいだいているのに−−と感じさせられる話も、かなりあった。割合としては後者のほうが多く感じられた。

 これからも、震災の記録プロジェクトは、つづけていかれるのだろうと思う。一度に全員の思いをまとめることはできないが、テーマが異なる別の切り口を見つけてインタビューを継続していくことで、新たな人が自分の思いを口にすることができるのだろう。そしてそのときの「口にする」、「表現する」ことが、その人たちにとって癒やしであり救いとなるのだろうと、信じている。

 今後も、震災の記録プロジェクトを、応援していきたい。

 さて、こういう内容を書くことは本来の書評には不要ではあるが、世の中で「お約束」のようになってしまっているため、わたしも東日本大震災のことを書いておく。
 わたしは北関東育ちだが、義父母は岩手県沿岸で生まれ育った。震災のころには生活の大半を盛岡に移していたが、家は沿岸にも残していた。その日にどちらの家にいたかで運は大きく分かれたはずだ。盛岡にいたことがわかったのは翌日だった。だが連日のテレビ映像で自分たちの故郷が津波に呑まれるのを見て、ただでさえ認知症気味だった老夫婦は完全に心を閉ざし、義父はその数ヶ月後に突然死した。ある意味で、震災の影響があったのではないかと、わたしは思っている。
posted by mikimarche at 23:15| Comment(0) | 実用(歴史・文化)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]