2020年06月26日

ザ・プレイ - アリスン・ブレナン著 安藤由紀子訳

 2005年に発表の、著者デビュー作。本作は3部構成となっており、FBIアカデミーでともに過ごした3人の女性たちの、それぞれのその後を描くもの。1作目の本作は、いったんはFBIに勤め功績を残しながらも、ある事件をきっかけに引退して犯罪小説を書くようになったローワン・スミス(33歳)を描く。




 なぜこの本を買ってあったのか失念してしまったが、おそらく当時(数年以上前)に名前を耳にして、どうせ読むならばデビュー作だと思ったのではないかと思う。積んで忘れていたが、読みやすいので1日半で読めた。

 タイトルの「ザ・プレイ」は、追われる獲物の意味である。音で聞くと遊びのほうのプレイと同じだが、こちらはpreyだ。ちなみに神に祈るのもプレイだが、そちらはprayである。

 本作の内容は広い読者層に無難に受けいれられそうな設定になっており(主人公は才色兼備、白人でブロンド)、殺害されるのではと目される彼女を守るのには、関係者が雇った屈強でプロフェッショナルな男たち、そして狙われる理由が過去の捜査にあると踏んだ元FBI上司や同僚の全面バックアップといった、現代版の「姫」である。ただ本人は自衛能力があると強く主張しており、むしろ自分が狙われたほうが犯人が早く特定できると信じているようだ。

 あらすじとしては…
 自分の作品に登場するのと同じ人名の女性が、内容に合った状態で殺害され、現場には著書が残されていた。次の被害を防ぐために犯人の割り出しと狙われそうな女性の特定を急ぐが、本に書かれていないはずの、彼女個人の情報を犯人が知っていることがわかってくる。
 彼女は幼少期に悲惨な事件を体験し、トラウマから立ち直るためにもと、周囲のはからいで名前を変えていた。だが犯人は、ほとんど生きて残っていないはずの知人しか知らない過去を知っていた。いったい誰なのか?

 …というものなのだが、だいたいは、はらはらせずに先が読める。デビュー作にしては安定しているが、欲ばりすぎたのだろうか、性描写が多い。正直「またかよ」である。
 これは3部作であり、2作目以降はわからないが、本作にかぎって言えば「殺人事件が出てくるもののハーレクインロマンス」的なものかもしれない。

 フィクションをあまり読まなくなって久しいが、アメリカの人気作品の多くが、少なくとも1990年代までで考えるならスーパーヒーローに支えられていたと思う。頭がよい、美しい、何でもできる、である。だらしなさや、弱点があまり見られないものが、けっこうあった。最近はどうなのだろうか。

 そろそろ、違ったものも読める時代であると思いたい。
posted by mikimarche at 12:25| Comment(0) | フィクション

2020年04月26日

恐怖箱 怪医 - 雨宮淳司

医療に関係のある怪異を集めた本。不思議な話、幽霊話など、分類が難しいものが詰められている。
 


 

 聞き取ったものを採録しているという形式のため、怪談らしくオチをつけて物語にしているものはあまり多くなく、そこがなんとなく楽しい。

 あいた時間にちょっと怪奇話を楽しみたいという人には、とてもよいかと思う。

 個人的には、九州の精神病院を舞台にした話「ぞろびく」が好みだ。あとはもう、読んでくださいとしか言えない。
posted by mikimarche at 21:10| Comment(0) | 趣味(その他)

2020年03月03日

クレーヴの奥方 - ラファイエット夫人

 30年ぶりくらいに読んでしまったが、かつての愛読書である。わたしが高校のころに読んでいたのは1956年に青柳瑞穂訳で出版されたものだった。今回の本はそれ以降に訳されたもので、文章がだいぶなめらかになっている。



 よもや300年前の作品に対して「ネタバレした」という批判がくるとは思えないので、あらすじを書いておくと、史実と虚構を見事に交えながらパリの宮廷での乱れた色恋沙汰などを背景にしつつ、クレーヴ公に嫁いだばかりの若い女性とその思い人、クレーヴ公を中心に描く人間ドラマだ。

 描かれる立場である「クレーヴの奥方」は本当の恋を知ることもなく育った10代であり、クレーヴ公に嫁いでまもなく別の貴族に一目惚れしてしまうが、立場をわきまえて貞淑をつらぬこうと努力を重ねる。そして相手も彼女に恋い焦がれ、相思相愛であることに双方がうっすらと気づいている、という設定。

 いまの価値観で考えると、この相手の男(遠くからでも人目を引くほど美形の貴族で、女にふられたことがない)は、かなりの執着心で主人公を追い詰める。顔を合わせれば相手にも世間にも気持ちが知られてしまうからと、必死に会う機会を減らそうとする主人公に、男は断りにくい用件を作ったり、わずかな機会に乗じて家にやってくる。

 主人公は母親から立派な教育を受けて育ったため、夫以外の人間に恋心などをいだきたくないからと、隠居してでも(ねんのために書くが主人公は10代である)宮廷から遠ざかりたいと願うが、そうした苦悩を誰かに理解してもらうには、男への恋心を知られてしまう危険がともなう。

 やがて、奥方は、夫にその秘密を打ち明ける。あなたとの生活を守るためであり、自分は心静かに暮らしたいだけなのだから、宮廷から下がらせてくれ、と−−

 新しい訳で読んだことや、わたし自身が高校時代よりははるかに西洋史に明るくなっているためだろうが、素晴らしい作品であるとの評価をあらたにした。
 男女関係が乱れに乱れまくっている宮廷において、親から受けた教育をしっかりと守り、醜聞を何よりも恐れて身を律する主人公。終盤ではついに男に「あなたはいつかわたしを忘れる」とも言い切る。やたらとかっこよいのである。

 高校時代にわたしがこの本を読んで何よりも気持ちがスカッとしたのは、最後の文章であった。「やった、主人公が勝ったぞ」という思いだ。そして、しょせんこの男は…という小気味よさをかみしめた。

 だが、記憶が違っていたのか、翻訳した本の底本が何種類かあるのか、今回の訳では最終段落の印象がまったく違っていた。訳し方でここまで変わるとは思えないので、原文に何種類か違いがあるのかもしれない。
(のちほど編集: 英語版をダウンロードしてきたところ今回の日本語訳と同じようだったので、わたしの記憶違いかもしれない)
posted by mikimarche at 22:55| Comment(0) | フィクション

2020年02月22日

食と農でつなぐ 福島から - 塩谷弘康、岩崎由美子

 1年ほど前だっただろうか。いつも夕方から開店している古書店が、週末のため昼間から店先に本を出していた。初めて立ち寄ったその店で、入り口近くにあったこの本と、店の奥にあった別の本を手に、会計した。その時間にその道を通らなければ気づかなかったのだから、本もまた一期一会である。



 原発事故以降の福島の産業、それを支える地元の女性たちに関する本だ。阿武隈地域から避難してきた農業従事者の女性たちが生産と加工を担う「かーちゃん」たちのプロジェクト開始から3年間の歩みをつづる前半(塩谷氏担当)と、福島の被災者や避難者の暮らしぶりと手探りでの地域づくりを描く後半(岩崎氏担当)で構成される。

 震災ののちに助成金を得てはじめた「かーちゃん」のプロジェクトほか、さまざまな生産者の事例や生産活動にかける思いが紹介される。もともと地域で活動をしていた生産者でノウハウを持つ人も多いが、やはり避難や一時移転で作業場を失うなど勝手が違ってしまったことにくわえ、このままではコミュニティが薄れるといった寂しさや危機感をかかえていた人々だ。

 土地を一時的に離れても慣れた食べ物を生産し、分け合い、そしてできれば販路も見つけたいという思い。だが同時に、現在の暮らしが一時的なのか、または腰を落ち着ける場所となるのか、今後の暮らしはどうなるのかという不安もある。さまざまな葛藤があるが、途方にくれるよりも、どうにか前に進む−−そんな姿が見える。

  復興のためのきっかけづくりとして助成金やアイディアの支援を得たグループもあるが、いずれは地元らしさ、自分たちらしさを強く出しつつ販路の安定と拡張、客層とのつながりを強固にしていくことになる。

 山や海の幸に恵まれ、美しい土地である福島。原発のことや、政府からの扱いを嘆いてばかりではなく次世代に何を残せるかと前を向く人々を、素晴らしいと思う。
posted by mikimarche at 18:35| Comment(0) | 実用(食べ物・食文化)

2020年02月11日

成田屋の食卓 團十郎が食べてきたもの - 堀越希実子

 なき市川團十郎(十二代)夫人であり、市川海老蔵(当代、まもなく團十郎を襲名)の母である堀越希実子氏の著作。タイトルは食卓となっているが、ご一家の思い出や歌舞伎の世界について自然体で語るエッセイとなっている。その文章のあいまに、料理の写真や食材の情報がおさらいのように掲載され、巻末にふたたびまとめられている。

 本日現在、月額980円のKindle読み放題サービスにはいっている本だが、活字本としては1760円。





 新婚時代から、2013年に團十郎氏が他界されるまでを語り、それから3年して本書を出版された。文中にも、末尾にも、まさかその翌年に他界されることになろうとは誰も思わなかった真央さん(海老蔵氏の夫人)への、温かい思いがつづられている。
 しきたりや伝えていくべき味を学ぼうにも、結婚するころにはすでに義父母の存在がなかった著者。番頭さんらにひとつひとつを教えてもらい、実家の親に料理を助けてもらいながら、夫とともに手探りで成田屋をもり立ててきた。だが自分たちとは違い、真央さんには自分と夫が築きあげた料理の伝統を伝えていけるのだと、それを楽しみに本を書かれたようだ。日付から推察して、本の準備中はまだ世間に真央さんの闘病は明らかにされていない時期であった。

 料理そのものもたしかに美味しそうではあるのだが、なかなか知る機会のない歌舞伎役者の家庭、そして妻として家族として、舞台をいかに支えていくかの日々が細かく記されていて興味深い。團十郎氏が海老蔵時代の若手であったころは、まだチケットが売れ残ることもあったという。ご贔屓筋だけでなく新しいファン層の開拓も心がけ、おふたりでがんばった日々。手土産持参でご挨拶くださる人にはオリジナルグッズを差し上げるなど、著者ご自身がグッズを開発していることにも驚かされた。きめ細やかな配慮だ。

 最後に、わたしは第十二代の團十郎氏がお亡くなりになったとは、いまだに信じられない。歌舞伎のほかにテレビで時代劇などに出演されることもあり、とても親しみを感じていた。

 熱烈な歌舞伎ファンというわけではないのだが、ひさしぶりに舞台を見に出かけたい気分になった。
posted by mikimarche at 23:55| Comment(0) | エッセイ