2020年11月28日

痴漢とはなにか 被害と冤罪をめぐる社会学 - 牧野雅子

 警察官出身の著者による、膨大な資料に基づいたデータと考察である。



 実は、時間がかかった。前半はともかくとして中盤で気分が悪くなり、2月に読みはじめてから半年以上も、読むのをやめてしまった。だが勇気をふるって最後までたどりつき、なかなか素晴らしい本と思いつつも、あとがきで著者みずからの経験を読んで、ふたたび打ちのめされた。

 年齢や性別を問わず、いやあえて言うならば中高年以上の男性にはとくに、読んでもらいたいと考える本だ。

 痴漢は許されない犯罪である。だが日本では80年代〜90年代はとくにだが、まるで男性の興奮のネタのように週刊誌に面白おかしく特集が組まれ、痴漢(しやすい)スポットや体験などが載っていた。なかには女性らに体験を語らせる企画もあった。それは被害者目線ではなく特集の趣旨にあった内容だった。著者も具体例や引用を多く書いていて、わたしはそのあたりで気分が悪くなってしまったのだが、その原因は、内容だけではない。

 60年代中盤生まれのわたしは、記憶しているのだ−−そういった雑誌や、おもしろおかしく語る風潮が実在したことを。そして多感な時期から20代が終わるころまで「なぜこんな二重世界(一部にとっておもしろおかしい、逆の側にとっては苦痛でしかない)が存在するのだろう」と、ずっと考えていた。

 それが「馴らされてしまっている」ということなのだと、30代になったあたりから、ぼんやりと感じられるようになって、無力感につつまれた。

 たとえば、社会の多くが、具体的かつ深刻な性犯罪でもなく「さわられたくらいで」と思っていれば、言うだけ損という感覚、しかも「いちいち言えば好奇の目にさらされるのだ」という具体例が、当時に若かった人たちならば、やまほど思い浮かぶのだ。いまもあまり変わっていないかもしれないが、当時はもう、ほんとうにひどかった。

 さらに、怒ったところで「女性がへたに騒いでも、初犯の出来心かもしれないのに相手の家族(女性も含む)が、泣いていいの?」という、妙な理屈も頻繁に登場。言葉を発するほうは、なんらかの言葉を使って被害を表沙汰にしないであげてほしいという程度からこねくりだした表現かもしれないが、言われる被害者側のほうには、ずっとこの概念が、普段の暮らしにまで刷りこまれてしまう。次も、また次も。そして長く苦しんだあとに「ここまで我慢したのならなぜ最初に騒がなかったのかと、きっと言われる」と、自分で自分をさらに縛る人も出てくる。

 実際問題として、相手(加害者)に気を遣う必要はない。初犯かもしれないと大目に見るのは、自分の次の段階(たとえば警察や検察などの公的存在)が考えればいいのであって、実際に初犯なのか出来心なのかを被害者が考えてやる必要はない。ついでに言えば、出来心とは、ふざけた表現である。

 自分がされたことは、事実として記録に残す。その先のことで誰かが(たとえば加害者の家族が)傷つくかどうかは、傷つかないように情報管理を徹底させるなど、被害者以外が真剣に考慮し努力すべきであって、被害者はただ、自分に正直にあるべきだ。公にしたければする。それは被害者にまかされている。

 以上は、本を読んでの感想であり、わたしの言葉だが、ぜひ、内容がつらくても、読み終える人たちがいることを願っている。

 データは雄弁に語る。章ごとに羅列されている参考資料の数は、類書などにくらべて、かなり多かったと書き添えておく。
posted by mikimarche at 12:55| Comment(0) | 実用(社会・事件)

2020年11月10日

新編 山のミステリー 異界としての山 - 工藤 隆雄

 山の話はほんとうにおもしろい。興味がつきない。
 海なし県に生まれ育ったためか、山に関する話は実感を持って感じられることが多く、子供のころから地元でささやかれる話に親しんできた。

 そして、佐々木喜善が集めた話を礎とし、その後は柳田國男によりさらに有名になった遠野の物語に魅せられて、わたしは多くの山の民話を読んだ時期がある。

 本書はそれまで山岳関係の雑誌に掲載されるなどしたものを2005年にいったん本として発行し、さらに2016年に、内容を充実させて新刊にしたものだそうだ。

(わたしはKindleで読んだが、活字版もある)


 不思議な話といっても怪談めいたものばかりではなく、純粋に「不思議」である。それも体験した人たちの口から出た言葉を咀嚼して文章につづっているので、著者が取材した当時に誰かがそういう体験を語ってくれたという現実味もある。

 登山のベテランや捜索のプロが探しても発見できなかった遭難者や遺品を、のちに山に関しては素人である家族が訪れると、見つける事例があること。

 山に慣れていない人が、誰かが大声で遭難してうめいていると警察を呼んでしまっても、知っている人が聞けば、鳥の声であること。

 誰もくるはずがないほどの悪天候に山小屋を訪れた女性を、小屋の人間が幽霊だと思ってしまったことや、暗い山小屋でほかの利用者に声をかけるタイミングがなく困っていた男性が幽霊に見間違えられ、ようやく誤解が解けたところで、単独行なのに「先ほど顔が見えた女性も一緒に」と誘われたこと。

 どれも、味わいがある。
 中には人間の傲慢さや醜さを描写する、不思議な話とは趣の異なるものも含まれていたが、わたしはそれでこそ味わいがあってよいと感じた。
posted by mikimarche at 18:25| Comment(0) | 趣味(その他)

2020年09月06日

独りまつり - わたなべまさこ

 2003年ころ、昼のドラマで放映されていた「愛しき者へ」の原作で、わたなべまさこの漫画。現在はネット上で古本で購入するか、電子書籍で入手する。わたしはebookJapanの電子書籍で読んだ。



 時代はかなり古いのだが、代理母という現代でもまだ課題がある問題を扱っている。

 ビジネスと割り切って、代理母で大金を得ようとする女友達。彼女からきっかけを与えられた主人公の春菜。最初はまさか自分がそんなことをと思っていたが、ある富裕な女性から自分の夫の子供を宿してほしいと頼まれ、その夫と接しているうちに、やがて恋に落ちる。

 自分の出産した子供とは遇わせてもらえず、もちろん名乗ることもできないが、春菜はほどなく、自分が守っていかねばならない存在と出会う。

 タイトルの意味合いは、ラストシーンで明かされる。

 このテーマは、重い。そして時代に左右されない普遍性もある。

 わたなべまさこといえば、わたしは子供のころに「聖ロザリンド」などホラーっぽい作品を読んだ記憶があるのだが、この作品はまったく知らなかった。
 テレビドラマ版は、後半を中心に見た。自分の発案でありながら嫉妬に苦しむ妻の薫を国生さゆりが演じ、春菜は馬渕英里何(最近はお名前の漢字が異なるらしいが、当時はこのお名前)。ドラマは10年後までを描き、自分が生んだ娘と、自分が育てている男の子が登場する。

 あのドラマは、音楽もよかった。KOKIAの「かわらないこと」がオープニングで流れ、作中ではバイオリン曲が。
posted by mikimarche at 12:20| Comment(0) | フィクション

2020年08月24日

43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層 - 石井光太

 2015年に、日本に大きな衝撃を与えた事件(10代の少年らが13歳の中学生を河川敷で殺害)があった。それは深夜に子供が顔見知りの少年らにより重傷を負わせれながらも川で冷水に浸かるよう強要された上、そののちも、刃物を含む肉体的な暴行を受けて失血死したというショッキングなものだった。

 本書は、被害者側ではおもに実父への取材、そして加害者側や当事者を知る人々への取材と裁判記録から、事件の奥にあるものを丹念に剥がすようにつづった記録である。



 それぞれの少年に共通していたのは、家庭や学校に居場所がなかったこと。そして友情ではなく、ひとりで時間を潰すよりはましだからとの思いから、つねに誰かとつるんでいたこと。

 それぞれの家族や家庭。学校での居心地の悪さやいじめ。そして非行事実の発覚で子供らの異変に気づくチャンスが何度かあっても、多くは高齢のボラティアに頼らざるを得ない保護観察制度の限界からチェック体制が形骸化し、実際にはほぼ誰も救われていかない現実。

 誰それがそのときこうしていれば被害者が殺されずに済んだ、あるいは何かのきかっけがあれば、加害者らがそこまで暴力に走らなかったと言えるような、そんな単純な要素はどこにもない。

 文中では仮名を多用しているとはいえ、やはり加害者側も含めて家庭の事情などががかなり記載されているため、以下をはしょって書くことを、お許しいただきたい。

 事件現場を地元として育った被害者の父によればだが、親が外国人で見た目がハーフの子は川崎にめずらしくない。ちょっと体罰を受けた経験くらいでは、子供が人を殺すことはない。被害者、加害者の境遇も、川崎という土地も、何かとりたてて特別だったというのではなく、何か理由をつけて誰かを排除したいときの、いじめの口実に使われた要素が、それだったという。そうした運が悪いことが重なって、息子は命を奪われてしまった−−。

 加害者個々人への恨みは強く抱いているものの、事件全体への思い、そして命を奪われたのがなぜご自分の息子さんだったのかについては運の悪さであったと、被害者父はそこに考えを落ち着けている。

 最後まで読めば事情もわかるが、著者は被害者側の家族としては父親の取材しかできていない。それ以外は公判での発言などに基づき記載している。前半ではそれについて「なぜだろう」と首をかしげたのだが、読み進めていって、合点がいった。

 多感な時期に子供が感じやすい疎外感、居場所のないつらさ、いじめなどに対し、すぐに効き目のある対策は存在しない。今後も子供たちが被害者または加害者になる事件も、残念ながら存在することだろう。

 その「今後の悲劇」を、ひとつでも減らすのに役立つならば、曖昧で不正確な情報のまま事件を風化させせず、発生から数年後で関係者の傷をえぐる危険性はあるにせよ、冷静なまとめとして、本書のような存在は必要であると、わたしは考えている。
posted by mikimarche at 01:05| Comment(0) | 実用(社会・事件)

2020年06月26日

ザ・プレイ - アリスン・ブレナン著 安藤由紀子訳

 2005年に発表の、著者デビュー作。本作は3部構成となっており、FBIアカデミーでともに過ごした3人の女性たちの、それぞれのその後を描くもの。1作目の本作は、いったんはFBIに勤め功績を残しながらも、ある事件をきっかけに引退して犯罪小説を書くようになったローワン・スミス(33歳)を描く。




 なぜこの本を買ってあったのか失念してしまったが、おそらく当時(数年以上前)に名前を耳にして、どうせ読むならばデビュー作だと思ったのではないかと思う。積んで忘れていたが、読みやすいので1日半で読めた。

 タイトルの「ザ・プレイ」は、追われる獲物の意味である。音で聞くと遊びのほうのプレイと同じだが、こちらはpreyだ。ちなみに神に祈るのもプレイだが、そちらはprayである。

 本作の内容は広い読者層に無難に受けいれられそうな設定になっており(主人公は才色兼備、白人でブロンド)、殺害されるのではと目される彼女を守るのには、関係者が雇った屈強でプロフェッショナルな男たち、そして狙われる理由が過去の捜査にあると踏んだ元FBI上司や同僚の全面バックアップといった、現代版の「姫」である。ただ本人は自衛能力があると強く主張しており、むしろ自分が狙われたほうが犯人が早く特定できると信じているようだ。

 あらすじとしては…
 自分の作品に登場するのと同じ人名の女性が、内容に合った状態で殺害され、現場には著書が残されていた。次の被害を防ぐために犯人の割り出しと狙われそうな女性の特定を急ぐが、本に書かれていないはずの、彼女個人の情報を犯人が知っていることがわかってくる。
 彼女は幼少期に悲惨な事件を体験し、トラウマから立ち直るためにもと、周囲のはからいで名前を変えていた。だが犯人は、ほとんど生きて残っていないはずの知人しか知らない過去を知っていた。いったい誰なのか?

 …というものなのだが、だいたいは、はらはらせずに先が読める。デビュー作にしては安定しているが、欲ばりすぎたのだろうか、性描写が多い。正直「またかよ」である。
 これは3部作であり、2作目以降はわからないが、本作にかぎって言えば「殺人事件が出てくるもののハーレクインロマンス」的なものかもしれない。

 フィクションをあまり読まなくなって久しいが、アメリカの人気作品の多くが、少なくとも1990年代までで考えるならスーパーヒーローに支えられていたと思う。頭がよい、美しい、何でもできる、である。だらしなさや、弱点があまり見られないものが、けっこうあった。最近はどうなのだろうか。

 そろそろ、違ったものも読める時代であると思いたい。
posted by mikimarche at 12:25| Comment(0) | フィクション