2019年11月08日

The Fortune-Teller's Son - Angela Blondeau

 2017年に英語で書かれた本だが、それほど難しい単語はなく、日本語話者にもおすすめ。また内容が数奇な運命に翻弄された少年マサイアス(前半の主人公)と、その息子であり、事情で幼少時にアメリカに移民した少年オットー(後半の主人公)の物語を実話ベースに再現した読みものであり、感情移入がしやすい構成になっている。著者はオットー・リーガン氏の知己で、本の中に当時の写真なども紹介。

 

 1900年代はじめ、モドラ(現在のスロバキアの都市)で暮らしていたリーガン家の人びとは、アメリカへの移住を予定していた。すでにアメリカに渡って仕事を得ている親戚と、上の息子たちは現地で生活基盤を整えており、残る家族も全員アメリカへという話になったのだ。
 ところが直前になって、渡航費用がひとり分だけ不足していることが発覚。一家の妻が自分と娘たちのために記念の品を買ってしまったためだ。彼女がその誘惑にさえ負けなければ、話はまったく違った展開になっていた。
 そして渡航費用の関係で、たったひとり、体に障害を持つ14歳の少年マサイアスが、アメリカ行きをいったん断念せざるを得なくなる。親戚の助けを得て引っ越したウィーンで、仲良しの猿ムッキを使った芸と占いを披露するようになったマサイアスは、たくましく成長していった。
 数年後に父親がアメリカから迎えにやって来て、ようやく自分も渡航できることになったマサイアスだが、皮肉な運命で、アメリカでは方針が変更されてしまい、障害者を受け入れないと告げられる。現地で足を踏み入れることなく、ウィーンに帰ってきたマサイアス。
 彼はムッキと町の広場で芸を見せ、ふたたび現地に馴染むが、彼がアメリカに縁のある人間と知り興味を持って近づいてきた女性と、結婚することになる。幸せな生活を営めるかと思った矢先、その女性はふたりのあいだに息子オットーを授かるとまもなく、アメリカに稼ぎに行くと語り、オットーを残して渡米してしまう。

 そして、オットーが6歳のとき、母親の勤め先の縁で移民手続きの話が進み、オットーにだけ迎えがやってくる。こうして仲のよかった父と息子は、海を越えて離ればなれになった。いつか再会をと願いアメリカで成人したオットーだったが、やがて世の中は第二次大戦に突入して…

 マサイアスとオットーが別れるころ(本の中間部分)までは、とても興味を持ってページを読みすすめたのだが、オットーがアメリカに渡ってのち、もうおそらくマサイアスとは会えないのだろうと思ったら、読むのがおっくうになってしまった。そしてそこから1年以上も放置してしまったのだが、最近になってそれはあまりにもったいないことだろうと、思い直した。そこでKindleを英語で読み上げてもらう設定にし、中央から最終部近くのまでを音声で聞きながら、ときおり画面で文字を追うようにして、読み終えた。

 ようやく近年になって、マサイアスのその後を知ることができたラストは、よかった。

 アメリカに渡ってから成人するまでは、オットーは生活の面では実母の影響下にあったが、周囲には上流階級の人たちがいて、観劇に連れていってもらうなど可愛がられた。そして空軍に進み、その後は事業をおこない、この本が出版された2017年のころは95歳でご存命とのことだった。

 著者が主人公と知己であること、また、ご本人が存命であることとで、前半に出てくるような人の身勝手な部分や、つらさのようなものが、後半にはあまり描かれていないように感じた。やはり書きづらいことがあるのかもしれない。

 英語の文章を楽しく読み慣れておきたいという人がいらっしゃれば、前半だけでも、おすすめしたい。

 最後になるが、わたしがこの本をKindleでダウンロードしたのは、ちょっとした縁だった。Amazon.co.jpのサイトで、検索欄にたったひと言 Vienna (ウィーン)と入力したところ、これが出てきたのだ。こういう縁で本を読むこともあるのだと、あのときその検索をしなければ出会わなかったのだと、その偶然を気に入っている。
posted by mikimarche at 15:35| Comment(0) | 人物伝

2019年10月31日

バターの本 - グラフィック社編集部編

 バター好きにはたまらない本である。国内のバター製品をひたすら紹介する直球勝負の姿勢が素晴らしい。表紙を開けて次の内扉が、バターの包み紙と見まごう銀色のツヤ紙なのには、顔がほころんだ。よくぞ考えたこのデザイン。



 バターというととかく輸入商品に目が向きがちだが、本書では食の著書も多いスタイリストいとうまさこ氏の解説にはじまり、各バターのコメントでは富澤商店の長尾絢乃氏が登場し、国内の有名な乳業各社の商品だけでなく牧場併設の工房や製造所の商品、あるいは牧場に自社専用商品を製造してもらっている製菓業の商品など、幅広く紹介していく。

 高品質そうなのにさほど高価ではないもの(もちろん市販品よりは高いが)やら、通販していないため地元でのみ流通の商品など、バター好きが「いつかは食べてみたい」と闘志を燃やし、各ページに付箋や栞をたくさん使いながらページを繰っていく姿が目に浮かぶようだ。
 本の最後のほうでは、バターを使用した焼き菓子についても少し解説。

 カタログ代わりに、一冊いかがかと、幅広い層におすすめしておく。
posted by mikimarche at 21:25| Comment(0) | 実用(食べ物・食文化)

2019年09月22日

こころ傷んでたえがたき日に - 上原隆

 書籍のタイトルと、収録されているという内容にクローン病のことや、柴又の女子大生殺害事件のご両親が出てくると聞いていたため、以前から読んでみたいと思っていた。それ以上のことは何も知識がないまま、割引価格でセールされているのを見つけ、電子書籍をダウンロードしたのだが…



 実はあとがきを見るまで、どういった本なのかがわからずにいた。首を傾げながら「なぜこのタイトル」、「いったいどういう構成の本か」、「わけがわからない」と思いながら、ページをすすめていった。

 本書のタイトルについては、石川啄木「一握の砂」所収の詩にある「こころ傷みてたへがたき日に」から来ていることが、目次の前に書かれていたのだが、そのあとはいきなり22編の話になる。

 おそらく最初の一編が、それ以降の話に存在する聞き手と話し手という構成ではなく、妻がいかにして自分との暮らしを捨てたかという一人称の話であったことで、よけいに混乱したのかもしれない。その文章の最後に括弧書きで、送られてきたノートを再構成して載せたという著者の言葉があったのみだ。
 さらに、これは著者のせいというわけでもないだろうが、書籍の宣伝として「感動する」という強調がなされていたことにも違和感があった。この一話目では感動を呼び起こしそうにないが、いったいこれから何がはじまるのか、と。

 その後は、現実と脚色を混ぜた文学の世界なのかと思ったが、意外にも実在している人物名や、具体的な団体名も出てくる。話した相手の言葉に基づいての文章構成だが、どの程度の裏付けをとって書いているのかまでは、わたしには判断できない。

 ひどいストレスの職場環境にいた女性が退職して過去をふり返った話(あなた何様?)や、離婚後に父親が子供たちを育てている話(父親と息子たち)、突然のクローン病でいったんは普通に食事を摂ることもできない生活になった男性と支えてくれた母親の話(僕のお守り)など、いろいろな人の人生をつづる。全体としては高齢者の孤独や、ホームレス、介護問題、家庭内の虐待など、社会における弱者的な視点からの話が多い。

 とても興味深いと思ったのは「先生」という一編だ。教師経験者の老婦人が、ホームレスとなっていた40代の男性と知り合い、ちょっとした経緯から家に招き入れ、風呂などを提供しているうち数年以上の同居生活になっているという。家事を手伝ってもらうなどはしているようだが、なかなかない話で、おもしろいと思った。

 あとがきまで読んでようやく、雑誌「正論」に100回連載した記事から選んだ22本をまとめたということがわかった。全体のまとまりのなさのように思ったのは、ひとつには書かれた年代が違うといったこともあるのだろう。

 それにしても、情報提供者や取材相手について、人物特定を困難にさせる脚色がどの程度まではいっているのか、あるいはまったくないのかといった、文章を書く姿勢についての描写は、なかったように思う。ノンフィクションと呼んでいいのかどうかは、わたしには判断がつかない。

 読んでよかったかと聞かれれば、悪くはなかったように思うものの、宣伝の仕方と書籍タイトルは、わたしの感覚とはちょっと合わないとだけ、書かせていただこう。
posted by mikimarche at 11:35| Comment(0) | 実用(暮らし)

2019年09月16日

新にっぽん奥地紀行 〜イザベラ・バードを鉄道でゆく - 芦原 伸

 わたしの大好きな書であるイザベラ・バードの「日本奥地紀行」は、100年以上も前に日本を旅した英国人女性の体験記である。横浜から東京、日光まではそこそこに順調であった旅も、まだ大規模な鉄道網も完成する前の時代であり、以降の道のりは苦難を極める。だが彼女は楽な旅をするために来たわけではなかった。すでに40代後半であり、若いころに病弱であったため転地療養をきっかけとした旅の記録をイギリス帰国後に出版するという、いわばプロの旅行家だった。

 道なき場所を分け入るようなゆっくりとした移動、そして荒天や災害により数日以上も僻村に足止めといった状況や、衛生面での問題や食生活での数々の苦難を乗り越え、バードは北海道でアイヌの人びとと交流をし、言葉も取得しようと多くのメモをとった。
 当時は多くの日本人がアイヌを蔑んだり、政策的にも不条理なことを押しつけて苦しめていたが、当時のヨーロッパの考えとしてはアイヌは白人系という説もあったそうだ。まだ誰も知らない地(日本)の、その隅に押しやられている(白人系かもしれない)アイヌを、誰よりも早く記録しておきたいといったプロの旅行家の熱意があったのかもしれない。
 その後、帰京ののちにバードは西日本にも足を伸ばしたという−−もっとも、日本語で広く普及している本は、東北と北海道以外が割愛された版を底本とした抄訳であるため、わたしも西日本に関しては未読である。



 さて、本書はバードが順調なときでも1日30キロ程度かけてゆっくりと移動した足取りを、できるだけ鉄道の各駅停車で、それが無理ならばタクシーなども併用しつつ、3年かけて回った記録である。旅と鉄道という雑誌で連載されたものをまとめたとのこと。

 バードの時代に描かれた風景や、人びとのつましい暮らし、衛生面では閉口させられつつも、人の心がきれいだったころの描写と、現代の鉄道の旅や現地での交流が、交互につづられる。取材に同行した若いスタッフを現代のイトー(当時の通訳であった伊藤鶴吉)になぞらえつつ、道中をおもしろく語っていく。

 それにしても、バードに日本国内を自由に移動できる通行手形を出した横浜の英国大使との関係や、日本各地にいる英国国教会ゆかりの人びととの交流を、ある種の諜報活動のような意味合いでとらえることは適切かと考えつつ筆を進める筆者には、それが妥当であるかどうかよりも「ああまったく考えてもみなかった」と、新しい視点をもらった気がした。

 本書を読むまで知らなかったことだが、イギリスで最初に出版されてのち、バード自身の手により編集されて短くなった版など複数が存在しているとのこと。西日本に言及しない普及版が出ているのは、わたしが以前に読んだ平凡社ライブラリーのものがそうであったため想像していたが、内容の最後のほうを割愛しただけではなく、その本は描写が短め版だった可能性がある。バードが新潟で街を歩き買い物をした話は読んだ記憶がないが、ほかに出ている完全訳のほうには、それがあるらしい。

 原著は著作権が切れているため、以前から英語で原文をダウンロードしてあるが、やはり日本語で完訳版が手にはいるようであれば、また読んでみたい気がした。
posted by mikimarche at 23:55| Comment(0) | 実用(歴史・文化)

2019年08月22日

なぜ繁栄している商店街は1%しかないのか - 辻井啓作

 商店街のコンサルティング業務を経験した著者による、書名の意味する通りの内容「なぜ1%しかないのか」をつづった本。どうすればよくなるという教科書的な啓発ではなく、うまくいきそうでもどこに落とし穴があるか、どういう要素や存在がよくない結果に結びつくかが、事例をもとに紹介されている。



 起業に関心がある人が参考程度に読む分にはおもしろいかもしれないが、本気で商店街をどうにかしたいと思っている当事者が読むと、希望の持てる内容とは、なっていない。とくに本の最後で、よかれあしかれ商店街の組合そのものが活性化を阻む存在になりかねない危険性が指摘されていることから、へたをすれば腹を立ててしまうかもしれない。

 前半では、商店街への自治体からの補助金問題が何度か出てくる。
 経済的な発展を遂げることこそが商店街の内部(商店たち)にしても地元にしてもよいことに違いないのだが、役所は補助金を出す立場上、相手の経済状態の向上を目的とすることはできないため、あくまで建前として、地域社会の発展や地元の人びとのための場所作りというものを想定しているとしてきた。
 だが時代が下り、担当者が変わったり、字義通りに受けとめる流れができてくると、話が違ってくる。役所側としても商店街側としても、商店街の採算よりも補助金をうまく回らせるためのイベント案を出しては実行するようになり、肝心の商店街の利益がおろそかになることもある、とのこと。

 また、商店街としてはほとんど寂れているような場所に、家賃の安さを魅力として若い起業家が店を出し、それが当たったときにも、悲劇が起こる場合がある。その店の周辺が活性化して家賃が上がり、数年後には賃貸契約を更新することが(その地元を流行らせた商店にとってさえ)難しくなる事例もあるそうだ。するといったんはできかけた人の流れが止まり、衰退へと逆戻りすることもある。

 うまくいく例があるとすればだが、すべてを総合的に見る立場の人間(タウンマネージャー)を雇い、運営側や地元のニーズを考えた上での商店街構成が必要となる。ただしその場合も、いきなり鳴り物入りでこの人が仕切りますと紹介するのではなく、地元に長い人などの協力をこぎ着けてからにしないと反発も起きやすいとのこと。

 著者自身は、最近は商店街などの包括的な相談には乗っておらず、個々の商店のプランニングをしているそうである。現在その立場であるからこそ書けたのかもしれないが、すでに存在している商店街の活性化というのは、かなり難しい仕事なのだろうと、実感させられた。
posted by mikimarche at 18:40| Comment(0) | 実用(暮らし)