2019年07月08日

ある男 - 平野啓一郎

 短時間で小説を読んだのは、いつ以来だっただろう。kindleでダウンロードし、気づけば2日以内に読み終えていた。まとめて読んでは場を離れ、何回かに分けて読んだので、おそらく実質的には半日での読了だったかもしれない。

 著者の小説を読むのは、おそらく初めてだ。普段の作品からこういう構成なのか今回のみかは不明だが、小説家がある男と出会ったシーンが冒頭にあり、以降はその「ある男」の話となる。小説家はその後は現れず、つづり手に徹する。



 過去を捨てた男。語られた言葉を現実のものと信じて運命をともにしていた女。そして発覚。いったいほんとうは誰だったのかを知りたくて救いを求める女に協力する、旧知の弁護士。
 たんねんに、覆っていた泥を払いのけるように事実を拾い上げていく弁護士の姿が、彼自身の生い立ちや現在の家庭とともに描かれる。

 家庭での確執、家族に犯罪者がいたなど、人生を捨ててやり直したいと思う人びとには理由がある。出自や環境を選べなかったそうした人たちの思いと、主人公自身の在日コリアンへの思い。そして弱者に広く手を差し伸べる彼と、現実的な範囲での援助にとどめるべきと考える妻とのあいだに生じる齟齬。さまざまなことを描きながら、この物語は収束へ向かう。

 わざとらしいような感動を生まない話だが、自然に頭にはいる流れだった。たまには小説も悪くないと、ひさびさに感じた。
posted by mikimarche at 15:45| Comment(0) | フィクション

2019年07月05日

もしも魔法が使えたら 戦争孤児11人の記憶 - 星野光世

 発売当初からずっと、いつか読むと心に決めてAmazonのウィッシュリストに入れておいた本。8月の終戦記念日より前に読み終えておきたいと、順番を繰り上げた。
 ある日突然に親や家族を失い、親戚らからは冷遇され−−心理的ないじめのみでなく強制労働や人身売買業者への売り渡しもあった状況で、どうにか生き延びた11人が、体験をつづる。



 長く丁寧に綴る人もあれば、ほんの短い文章もある。だがそれでもそれぞれの行間には重みがある。
 頼る人もなく、世間や行政からは見捨てられ、浮浪児の「狩り込み」と呼ばれた強制収容では、檻に入れられ水をかけられたという。別の体験者によれば東京都の人間にトラックに乗せられて、茨城県の山中に集団で捨てられたという。

 戦争の犠牲者であり、家族を失った子供たちに対し、野犬のような扱いである。しかも日本の戦後社会は、豊かになってからでさえもその人たちに詫びるどころか、存在を語り継ぐことすらしてこなかった。少なくともわたしは、浮浪児と呼ばれた子供たちの強制収容や親戚による人身売買など、最近まで知らずに過ごしてきた。

 本書は、戦後を生き延び、連れ添った夫が先立ったのちに、ふと色鉛筆を手にとって絵を描いてみた著者の思いから生まれたものである。戦後から70年近くを経て当時を思い、絵を描き、文章を添えて自費出版したものが、この講談社版につながった。

 それほど悲惨な日々を送ったのに、描く絵は透明感すら感じさせる純粋なものだ。理屈や雑念はそこになく、ただ当時に家族がいてくれたらと、それで幸せでいられたのにという素直で素朴な思いがそこにある。

 もしも魔法が使えたら−−
 ほしいものは、豪邸でも金塊でもない。現代人の多くがあたりまえに享受している、素朴なものだ。
posted by mikimarche at 23:25| Comment(0) | 実用(歴史・文化)

2019年06月25日

男が痴漢になる理由 - 斎藤章佳

 なんとも、すさまじい内容である。

 男の自分勝手な理屈(痴漢や性犯罪行為の大部分は男性が加害者であるため、語弊はあるかもしれないが「男」と書かせていただく)と、それを長きにわたって許してきた社会は、そうとうな部分まで病んでいるといわざるを得ない。



 声をあげられない被害者を自分に気があると勝手に妄想する男。短いスカートで出かける娘に大丈夫かと声をかける家族−−悪いのは襲う方であるという視点が抜け、服装で性犯罪の被害リスクが高まるという誤った通念にどっぷり浸かっていて、なかなかそこから抜け出せない。家族ですらそうなのだから、被害に遭った一般の女性らに「そんな服だから」などの、落ち度があるような発言をする人があとを絶たないのも頷けよう。

 著者は性犯罪の再犯を防ぐためのプログラムを用意したクリニック(通所やプログラム参加には強制力を持たないが、医師が関与し一部は保険適用のもの)にお勤めの精神保健福祉士である。

 政府も多少は性犯罪の再犯防止に努力をしはじめたようで、全国の刑務所のうち19ヶ所では専門の教育プログラムを設けているそうだ。だがそれは長期の収容が決定している受刑者向けであり、短期の受刑者にはそういった教育がほどこされない。
 しかも著者によれば、日本の現状としては初犯は示談などで起訴されないことがままあり、数回目の逮捕でようやく裁判になる傾向が強いという。ここで重要なのは、初犯の定義は犯罪が1回なされたかではなく「逮捕されたのが初回かどうか」である。複数回の逮捕で起訴や裁判になるというのは、そのあいだに「ばれていない犯罪が何回あるかわからない」ということを意味する。
 それならば、初回からすでに示談があった場合でも教育プログラムを必須とするように制度の変更があるべきだと、著者は指摘する。

 周囲からの強いすすめでクリニックに通所する男たちの、言い訳はさまざまである。ストレスがあったからとか、ほかにもやっている人がいるとか、ちょっと触ったくらいでなんだとか、言いたい放題だ。だが中でも目を疑ったのは、逮捕されて痴漢ができなくなったのち、あなたの人生から何が失われたかという問いに、複数が「生きがい」と答えたという場所だった。

 人を踏みにじる行為をくり返し、それを生きがいと呼ぶ神経は、ほんとうに理解できない。

 本書は加害者の家族(そんなことを夫や息子がしていたと知らずにいて世間からバッシングを受ける)の話題も含めて記載している。描かれている加害者たちの話はひどい事例が多いが、本書のものは頭にはいりやすい。
posted by mikimarche at 00:20| Comment(0) | 実用(社会・事件)

2019年06月22日

メディア・バイアス あやしい健康情報とニセ科学 - 松永和紀

 先日なぜかAmazonの電子書籍で光文社新書が半額になっている例が多く見られたので、以前から気になっていた本をダウンロードしておいた、そのうちの一冊。



 わたしは食品に関心があり、長く通販をしているせいか、テレビ番組で「○○が効く」やら「○○で痩せる」などの特集があるたびに、その商品がまたたく間にネットから消えて行くのを見ては憤慨した。よく覚えているのは本書にも詳しく書かれているTBS系列の「白いんげん豆」で、これは豆はもちろん、豆を使った製品である白餡の素までもがネットから消えた。さらにはこの番組のせいで、放送後に重い体調不良に陥った視聴者もいた。

 バナナも、ココアも、寒天も、何度も何度も同じような品切れ狂想曲を奏でた。

 あるときのことだ。また何かが売り切れて、わたしは自分の運営していたサイトで「ばかみたいだ」と書いたことがある。すると、わたしが何に怒っているのかを気にかけず、ある会員さんが「店で見たのでいったん買って帰ったほかに夫に車を運転してもらって、ふたりで買いにもどった」と、嬉しそうに返信してきたことがあった。テレビで放送されたものは、とりあえず買わなければ気が済まないのだそうだ。ちなみに当時でおそらく60過ぎのご婦人だった。典型的なミーハーですからとご本人は軽く書いていらしたが、わたしはかなり驚いたものだった。

 本書は、なぜそういった根拠なきいい加減な情報がメディアで流されるのか、そしてそれらが強く否定されることもなく、責任の所在がいい加減なままで何度もくり返されるのかといった発信側の構造の問題(話題になるネタをとにかく売りつける)、そしていちいちメディアに対抗したり素人に説明するのも面倒だと、表に立つことが少ない学者や専門家の存在(誤りを実質的に放置してしまっている)を、語っていく。

 真剣に打ち消そうという努力がないために、○○が危ない、○○は体にいいといった第一報ばかりが人の心に残りやすくなるだけなく、何度も話題が再燃しやすい悪循環がそこにある。

 わたしもまた、メディアに不信感や不満をいだくことが多々ある。
 たとえば子宮頸がんワクチンの問題だ。副作用で深刻な症状になっている少女がいるのかいないのか(原因はほんとうにワクチンなのか)と関心を持っていた時期のことだが、厚生労働省が発表したデータに、信州大学の調査でワクチンと症状の因果関係が否定できない事例があったとの報道がなされた(2016年3月ころ)。わたしは「おや、そうだったのか、ほんとうに因果関係があるのか?」と驚いたが、その約5か月後(2016年8月)に、毎日新聞は、その信州大学のデータに捏造が疑われるという話があると、文中でさらりと書いた。実にさらっとである。これは、同じくらいの熱心さで書かなければ意味がないことではないかと、わたしは憤った。

 本書では、こうしたメディアや、専門家たち、そして受け手側である一般人が気をつけるべき点について書いている。10年以上前の本ではあるが、状況は変化していないので、これから読まれる方にもおすすめしたい。

 なお、わたしも大いに気になっているトランス脂肪酸の話題が出てきた。トランス脂肪酸が体によいというわけではないが、ことさらに何度も話題になるのは、トランス脂肪酸が多く含まれるマーガリンやショートニングが規制されることで、利害関係が生まれやすいからとのこと。バターを売りたいと思う国、パーム油を売りたいと思う国など、世の中にはそれぞれ事情があるのだ。なるほど。
posted by mikimarche at 19:00| Comment(0) | 実用(暮らし)

2019年05月28日

シニア起業の「壁」は「心の壁」- 村上孝博

 銀行勤務を経て定年退職した著者が、職業訓練講座の受講をきっかけに、それまで関心のなかった分野(製菓製パン)に興味をいだいて個人でパン屋を開業した経験をつづる。



 長い年数を事務や営業でおつとめだっただけに、文章を書くことに慣れていらっしゃるようだ。また開業以来の主力商品でたいへん人気があるという米粉シフォンについても、講習の最初ではメレンゲの意味すらわかっていなかったということを書かれていて、素人目線から業界にはいったことが正直に書かれていて、とっつきやすい。

 まずは自分なりの無理のない規模でと、間借りから開始した店が、少しずつ軌道にのっていく。
 売れるかもしれないと、慣れていないことに手を出すと失敗する話。たとえば催事のような企画に出品を頼まれても、普段から商売しているお客が相手ではない場合には販売個数も読めない。あるいは定番商品であっても季節だけ別味を出すとお客が手に取ってくれるが、あまりに欲を出して冒険をしても成功しない話。

 読みものとして最初から読んでいってもよいが、目次がとても丁寧に書かれているので、起業部分にとくに関心がある人は、拾い出して読むこともできる。

 開業においては家賃の計算、店の規模などを先に考えて、つづいて食材比率、損益分岐点売上高を考えていくべきであるという指摘は、まったくもって元銀行家らしいご意見。そして普段から接しているお客さんたちのご縁で、あらたな縁へとつながっていくことがあるという、身をもっての体験談。

 食品でお店を開きたい方は、読んでみて損はないかと思う一冊。

 最後に、文体について。
 中盤では、書き方がやや啓発系のビジネス書のようになっている部分があり、気になった。おそらくは読みやすさを狙ったものなのだろうか。たとえばわずかな内容を書いたあとで「気づき」と題して1行程度のことを書くのだが、直前までの文章を普通に読んでいて頭にはいることであり、むしろ「気づき」を入れずに文章を書きつづけていったほうが、自然なリズムがたもてるように思った。好みの問題といってしまえばそれまでだが。
posted by mikimarche at 21:50| Comment(0) | 実用(その他)